スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年もあと少し

2011年も残りあとわずか、
なにかやり残したようなそんな気分で
毎日をやり過ごしているような12月。

おかげさまで7周年。

なんかあっという間で成長していない自分がいます。

移動販売車のキアロ号の営業は昨日で最終営業でしたが、
小樽本店は30日(金)まで通常営業致しております。

新年は1月5日(木)より営業です。

皆様のご来店お待ち致しております。

何卒宜しくお願い致します。

夏のキアロ号

蜀咏悄2_convert_20110824213010

キアロ号7年目の夏、
変わらず「継続」させて頂いていることは
ホント幸せなことだなって感じています。
皆様、ありがとうございます。

写真

5月のおすすめ珈琲豆

タンザニア リマ キボーAA

タンザニアのコーヒー生産地域といえばキリマンジャロ山麓
周辺の北部が日本では人気ですが、最大の生産量を誇る南部
産のコーヒーが近年品質の良さから高く評価されており今回
入荷したリマ・キボーAAもその一つとしてあげられます。
南部生産者組合の一つ【リマ(Lima)】は2003年設立し、
ンベア(Nbeya)周辺で95,000軒、ンビンガ(Mbinga)で
55,000軒の農家から構成され、年間約3万袋の生産量があり
ます。水資源の乏しい南部において、CPUと呼ばれるウェ
ットミルを増設し、きれいな水をたっぷり蓄えて精選処理を
均一化することで高品質なコーヒーを生産可能としておりま
す。
やや深煎りにすることで、タンザニア特有の力強い味わいに、
アーモンドのようなナッツフレーバーと甘い風味が苦味とと
もに感じられるカップに仕上がっています。

【生産地域】タンザニア南部 ンベア、ンビンガ周辺
【生産者組合】リマ(Lima)/農家数150,000軒で構成
【標 高】約1700m
【精選方法】ウォッシュド(水洗式)

                                    100g ¥700のところ ¥450

臨時休業のおしらせ

4月23日(土)、24日(日)、25(月)はイベント出店の為臨時休業致します。
ご不便お掛け致しますが何卒ご了承願います。

R0012312_convert_20110417065839.jpg

コーヒー豆価格改定のお願い

現在コーヒーの生豆の価格相場が高騰しており、特に今年になってからは日を追う毎に急激な上昇し続けております。
当店としていろいろな対策を行ってまいりましたが、品質の維持するためには一部の商品において値上げせざるを得ない状況になりました。

●珈琲豆売価価格 平均で10%前後の値上げ + 喫茶メニューの一部価格改定
●実施時間    2011年4月1日より

今後も良質な珈琲豆確保の為、生産者・関係機関との連携を密にし協力体制を強化して参ります。
何卒事情をご賢察の上、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

珈琲豆の相場高騰の主な要因
①昨年度世界各地でおこった異常気象により、コーヒー生産量の減少。
②経済成長著しいブラジル、ロシア、中国といった新興国での急激な消費量の増加。特に、世界最大のコーヒー生産国”ブラジル”国内の消費増は、
価格が上昇しているにもかかわらず前年対比で約117万t増と著しいものがあります。
③日米欧のコーヒー生豆在庫の減少と新興国の消費増大といった需給状況を踏まえて投資ファンドの介入。
④原油高による流通コストの上昇。

<< PREV | TOP | NEXT >>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。