スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コーヒー豆価格改定のお願い

現在コーヒーの生豆の価格相場が高騰しており、特に今年になってからは日を追う毎に急激な上昇し続けております。
当店としていろいろな対策を行ってまいりましたが、品質の維持するためには一部の商品において値上げせざるを得ない状況になりました。

●珈琲豆売価価格 平均で10%前後の値上げ + 喫茶メニューの一部価格改定
●実施時間    2011年4月1日より

今後も良質な珈琲豆確保の為、生産者・関係機関との連携を密にし協力体制を強化して参ります。
何卒事情をご賢察の上、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

珈琲豆の相場高騰の主な要因
①昨年度世界各地でおこった異常気象により、コーヒー生産量の減少。
②経済成長著しいブラジル、ロシア、中国といった新興国での急激な消費量の増加。特に、世界最大のコーヒー生産国”ブラジル”国内の消費増は、
価格が上昇しているにもかかわらず前年対比で約117万t増と著しいものがあります。
③日米欧のコーヒー生豆在庫の減少と新興国の消費増大といった需給状況を踏まえて投資ファンドの介入。
④原油高による流通コストの上昇。
スポンサーサイト

3月のおすすめ特選珈琲豆

コスタリカ スプリング バレーマウンテン

スペイン語で「豊かな海」を意味するコスタリカ。
その首都サンホセを中心にした山間の盆地はコ
ーヒー栽培に適した土地といわれており、中でも
サンホセ南東のオロシ渓谷に広がる【リカルド・
ファジャス農園】産のSHB最高級品種【スプリン
グバレーマウンテン】を今月はお届けします。

オロシ渓谷に湧き出る泉(spring)の水を精製処
理に使用していることから名付けられた商品です
が、毎年当館では春のスプリングとかけ、春を待
ちわびるこの時期にお届けをし、毎年お客様から
ご好評をいただいているコスタリカスペシャリティ
ーコーヒーです。朝夕に農園を包み込む霧の恵
みによって生み出された、良質なコクとバランス
の良い飲み易さ、口の中に広がる甘い香りをお
楽しみ下さい。


【生産地】コスタリカ共和国 リカルド・ファジャス農園
【産地】サンジョゼ地区オロシ渓谷
【標高】1500m
【等級】SHB
【品種】カツーラ/カツアイ
【精選方法】ウォッシュド(水洗式)


100g¥680→¥420

| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。