スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キアロで聴けば vol.27 MONK HUGHES「A Tribute To Brother Weldon」

ややこしいですが、モンク ヒューズと呼ぶよりマッドリブと呼ぶほうがしっくりする男が作ったウェルドン アーヴィンと言う伝説のミュージシャンに捧げたアルバムです。マッドリブは一癖も二癖もあるディープなヒップホッププロデューサーですが、ジャズへの愛も深く、謎のジャズバンド「イエスタデイズ ニュー クインテッド」を率いて怒涛のリリースラッシュをしました。 実は、正直初期の作品を聴いた時は「?」な感じで、余りにも趣味的な音が好きになれなかったのですが、コレは凄いです。まず、マッドリブ本人の演奏技術がメチャクチャ上がっます。そして、趣味的ではなくリアルでスピリチュアルな曲たち。マッドリブ独特の「スモーキー」な音像。まったく極私的な意見ですが、現代のジャズミュージシャンたちよりも「ジャズらしい」のではないでしょうか?こんなリアルなジャズが今ではヒップホップやらクラブミュージックから生まれてくるのは、喜ばしいコトです。なぜなら、それだけ若いリスナーに届くスピードが早いからです。ヒップホップに好意的だったウェルドン アーヴィンもこの音楽は絶対喜んだハズです
。一級のトリビュートアルバムだと思います。

MONK.2jpg.jpg


DJ GG : 小樽のミュージックシーンの重鎮的DJ。現在はワタクシdj kiaroも参加している「untitled」をオーガナイズしたり、ラウンジパーティーを突然開催するなど小樽の夜を熱くする男。その守備範囲は広くダンスミュージック全般はもとよりロックなどにもおよぶ。ワタクシDJ kiaroの前に大きく立ちはだかる偉大な師匠でございます。

PS:
DJ GGとdj kiaro が9月8日土曜にDJをやります!深い音楽愛にあふれた選曲を是非とも聴きにきておくれやす。小樽の「ボンズ」って店でやります!

スポンサーサイト

ジャンル : グルメ

テーマ : 移動販売車

| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。